50代の基礎化粧品でキレイな肌づくり|美魔女になる秘訣

50歳からエイジングケア

手鏡を見る女性

エイジングケアが必要なワケ

50代の女性が選ぶ基礎化粧品で最も人気が高いのは、エイジングケアを重視したものと言われます。多くの女性が、肌の衰えが急激に始まったのは40代と答えています。これは、閉経に向けて女性ホルモンの分泌が減少することが大きな原因です。女性ホルモンは、女性らしい体つきや肌の美しさを維持する働きがあるため、これが減少するとその影響を受けて肌の衰えが目立ってくるのです。そしていよいよ閉経を迎える50代になると、この状態はますます進み、うるおいがなくなり乾燥しがちの肌はシワやたるみ、シミやくすみ等が深刻化します。しかし、そんな50代の肌の衰えをくい止め、効果的な成分によって再び美しい肌を取り戻す力を与えてくれるのがエイジングケアの基礎化粧品なのです。現在各化粧品メーカーとも、最も研究が進みさらに新しい効果が次々と発見されているのは、エイジングケア部門と言われています。そんなことから、今後さらに50代の肌に効果的なエイジングケア基礎化粧品の開発は進み、またそれに期待する人も増えていくと考えられます。

選ぶポイントは

50代の基礎化粧品選びに、まず最初に欠かせないのが保湿です。50代の肌の水分保水量は、20代に比べて半分以下に減少しています。このため乾燥しがちで、それが老化をさらに進行させてしまうのです。そこで、まずは高い保湿力のある成分が配合されたものが必要です。保湿力が高い成分としてはセラミドやコラーゲン等がよく知られていますが、50代の肌には肌の奥までうるおす効果があるとされるセラミドが配合された基礎化粧品が推奨されています。次に必要な成分は、真皮のコラーゲンを強化するものです。コラーゲンは真皮に含まれた成分で、肌の弾力性やハリのもととなるものですが、こちらも保水量ともども加齢により減少します。この足りなくなったコラーゲンを補い強化することが、エイジングケアの真骨頂ともいえるものなのです。コラーゲンを強化する成分として最も名高いのが、ビタミンCです。ただし、ビタミンCそのものは肌の奥まで達することが不可能とされることから、それを可能としたビタミンC誘導体が配合された基礎化粧品を選ぶと良いと言われています。